腸内環境を整える方法

腸内環境を整えると言うとどのような方法が考えられますか?腸内環境は食生活や生活習慣、延いては人種にも影響されることから、個人差があり、改善するには普段から意識して取り組むことが大切です。中でも、食生活は腸内環境と密接に関係していることから、腸内環境を改善する上で有効な手段だと言われています。

玉ねぎまず、腸内環境を整えるためには善玉菌が優位な状態にする必要があります。そこで、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が好む食品を摂取するよう普段から心掛けることが大切です。例えば、乳酸菌はこんにゃくや寒天などの野菜や海藻、豆類といった食物繊維を含む食品をエサとして増殖します。ビフィズス菌であれば、ゴボウや玉ねぎ、きな粉など野菜や豆類に含まれるオリゴ糖をエサとして好みます。まずは、これらの善玉菌のエサとなる食品を普段から意識して取り入れてみましょう。

また、大腸菌やウェルシュ菌といった悪玉菌の好む肉の摂取を抑える方法や肉を摂取する際は肉の3倍ほどの野菜を摂取する方法、肉の代わりに小魚や豆類、ナッツ類でたんぱく質を摂取するといった方法も有効です。近年、日本人の腸内環境悪化の原因として肉の過剰摂取が挙げられていることからも見て取れるように、腸内環境は食生活と密接に関係しています。つまり、日々の食事が私たちの健康を左右するわけです。腸内環境を意識し、食生活を改善することから始めてみましょう。


関連情報
私の便秘は解消しました。
便秘克服の実体験を掲載しているサイトです。

腸内環境の見極め方

心身の健康を維持する上で大切な腸内環境ですが、どのように今の状態を確認すればよいのでしょうか?実は、腸内環境はお腹や肌の状態にあらわれやすいと言われています。腸内環境が悪化すると、悪玉菌が優位な状態になります。そして、悪玉菌の作り出す有害物質や腐敗産物は便秘や下痢、肌荒れの原因になるのです。中でも、腐敗産物は腸内環境の悪化を顕著に表しており、腸内環境を確認する上で大切な指標となっています。

便の種類では、腸内環境が悪化している時に排泄される糞便の状態について見てみましょう。このような場合、糞便は固く、黒っぽい状態にあることが多く見受けられます。また、コロコロしている、糞便が便器の底に沈む、臭い、いきまないと出ない、便をしたのにまだスッキリしないといった症状がある場合、腸内環境が悪化していると考えた方がよいでしょう。逆に腸内環境が整っている際に排泄される糞便は柔らかく、バナナのような状態にあります。

このように、糞便の状態は腸の健康状態を知る上でとても重要です。腸内環境が悪化すると、腸のぜん動運動は低下し、腸内に腐敗産物が蓄積されます。この腐敗産物は腸だけでなく血中を通って全身に行き渡り、肌の状態も悪化させます。腸内環境は糞便や肌の状態と直結していると言うわけです。

健康を司る腸内環境

腸の役割と聞くと、大抵の方が消化吸収や排泄を想像されることでしょう。しかし、腸の役割はそれだけではありません。本来、腸は人間の健康を司る大切な役割を果たしています。また、食生活の欧米化や乱れ、恒常的なストレス、不規則な生活習慣、運動不足など腸内環境を悪化させる要因で溢れ返っている環境にある現代人にとって、腸内環境を整えることは健康を維持する上で必要不可欠なことなのです。

腸もともと、人間の腸内には数百種類、100兆個の細菌が存在しています。また、それらの細菌は乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌と大腸菌やウェルシュ菌に代表される悪玉菌、どちらにも属さない日和見菌とに分類され、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%の割合で存在するのがベストバランスと言われています。体内の60%もの免疫細胞が集結している腸内はこれらの細菌のバランスを整えることが大切なのです。腸内環境が整うと、免疫細菌は活性化され、自ずと免疫力も高まるのです。

そればかりでなく、腸内では幸せホルモンと呼ばれるセロトニンや活力を与えるドーパミンといったホルモンも作られています。つまり、腸内環境の悪化は身体だけでなく精神的な不調の原因にもなり得ます。このように、腸内環境を整えることは私たちの心身の健康を守る上でとても重要なことなのです。

善玉菌の持つ力

便秘は、現代人を取り巻く環境の変化から、今や現代病の一つとして数えられてもおかしくありません。多くの方が悩んでいる便秘は、一般的に、病気が原因になっている場合を除くと、食生活や運動不足、ストレスなど普段の生活習慣が大きく影響して起こります。一言で便秘と言っても、症状もさまざまで、一過性のものから慢性的なものまであり、軽く見てはいけません。

お腹痛い女性そもそも、便秘や下痢などお腹の不調は腸内環境の悪化によって起こることが多く、腸内環境に原因がある場合、肌荒れの症状も合わせて起こることが多いと言われています。基本的に、お腹の不調は腸内環境の乱れのサインなのです。そして、腸内環境の悪化は免疫力が低下してることも意味し、感染症や生活習慣病の原因にもなり得ます。また、腸内では精神状態を左右するホルモンも作られています。すなわち、腸内環境が私たち人間の心身の健康状態に大きく影響していると言うわけです。

本来、木の実、海藻、根菜類など食物繊維やオリゴ糖を含む食品を習慣的に摂取している日本人は酪酸などの免疫力をコントロールする物質を作り出す能力が欧米などの他国の人々よりも長けていることから、高い免疫力を生み出す善玉菌を持ち合わせていると言われています。この内容からも推測されるように、食生活と腸内環境は密接な繋がりがあると言うわけです。これから、心身の健康を維持する上で大切な腸内環境について更に掘り下げて見ていきますので、便秘などの不調の改善に役立てて頂けたら幸いです。