腸内環境を整える方法

腸内環境を整えると言うとどのような方法が考えられますか?腸内環境は食生活や生活習慣、延いては人種にも影響されることから、個人差があり、改善するには普段から意識して取り組むことが大切です。中でも、食生活は腸内環境と密接に関係していることから、腸内環境を改善する上で有効な手段だと言われています。

玉ねぎまず、腸内環境を整えるためには善玉菌が優位な状態にする必要があります。そこで、乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌が好む食品を摂取するよう普段から心掛けることが大切です。例えば、乳酸菌はこんにゃくや寒天などの野菜や海藻、豆類といった食物繊維を含む食品をエサとして増殖します。ビフィズス菌であれば、ゴボウや玉ねぎ、きな粉など野菜や豆類に含まれるオリゴ糖をエサとして好みます。まずは、これらの善玉菌のエサとなる食品を普段から意識して取り入れてみましょう。

また、大腸菌やウェルシュ菌といった悪玉菌の好む肉の摂取を抑える方法や肉を摂取する際は肉の3倍ほどの野菜を摂取する方法、肉の代わりに小魚や豆類、ナッツ類でたんぱく質を摂取するといった方法も有効です。近年、日本人の腸内環境悪化の原因として肉の過剰摂取が挙げられていることからも見て取れるように、腸内環境は食生活と密接に関係しています。つまり、日々の食事が私たちの健康を左右するわけです。腸内環境を意識し、食生活を改善することから始めてみましょう。


関連情報
私の便秘は解消しました。
便秘克服の実体験を掲載しているサイトです。