善玉菌の持つ力

便秘は、現代人を取り巻く環境の変化から、今や現代病の一つとして数えられてもおかしくありません。多くの方が悩んでいる便秘は、一般的に、病気が原因になっている場合を除くと、食生活や運動不足、ストレスなど普段の生活習慣が大きく影響して起こります。一言で便秘と言っても、症状もさまざまで、一過性のものから慢性的なものまであり、軽く見てはいけません。

お腹痛い女性そもそも、便秘や下痢などお腹の不調は腸内環境の悪化によって起こることが多く、腸内環境に原因がある場合、肌荒れの症状も合わせて起こることが多いと言われています。基本的に、お腹の不調は腸内環境の乱れのサインなのです。そして、腸内環境の悪化は免疫力が低下してることも意味し、感染症や生活習慣病の原因にもなり得ます。また、腸内では精神状態を左右するホルモンも作られています。すなわち、腸内環境が私たち人間の心身の健康状態に大きく影響していると言うわけです。

本来、木の実、海藻、根菜類など食物繊維やオリゴ糖を含む食品を習慣的に摂取している日本人は酪酸などの免疫力をコントロールする物質を作り出す能力が欧米などの他国の人々よりも長けていることから、高い免疫力を生み出す善玉菌を持ち合わせていると言われています。この内容からも推測されるように、食生活と腸内環境は密接な繋がりがあると言うわけです。これから、心身の健康を維持する上で大切な腸内環境について更に掘り下げて見ていきますので、便秘などの不調の改善に役立てて頂けたら幸いです。